1981年3月31日 ザ・スターズ 風水 北 b型うお座男性

四柱推命の運勢では、ザ・スターズ毎年変わる流年運も大きな部分を占めています。私たちには「悪運を退ける」力もありますが、ザ・スターズ実はそれ自体も運命のなかでのことだったりします。
運気に乗って力を蓄えておいたことで、風水運気の悪いときにそれをやっつけたということがほぼ占めています。
どうしても戦わなければならない悪い運勢は存在します。
そしてその凶事がなければ幸運も巡ってこないという、風水二つで一つのものなのです。深いつながりのあった人との別れをするでしょう。
相手と良好な関係を築いていたと思っても破局するザ・スターズ、好きな相手がいればカップルになれそうだったのに惜しいところで婚約が破棄されるというようなことがあります。ですので、1981年3月31日失恋を経験してもザ・スターズ、運気の流れによるものです。
相手に固執するよりも1981年3月31日、新しい相手に切り替えた方がいい相手が探せると決め込んだ方がいいでしょう。
ただしこの年1981年3月31日、新しい相手が見つかったとしても、ザ・スターズあなたの願いが順調にいくようにするにはとても努力しなければなりません。
寂しい気持ちや悲しい気持ちは自分のものとしなければいけない時期にきています。この時期があってこそ、ザ・スターズ新たな相手に巡りあえるのです。
ただこの年のうちでも、1981年3月31日月干星が「偏官」「正官」「偏印」「印綬」にある際には、1981年3月31日比較的落ちついた気持ちで毎日を送れます。
当然ながら、1981年3月31日大運との関わりも重要で運勢は変化しますので
四柱推命の奥深さは難解なところですが1981年3月31日、信じられる1981年3月31日 ザ・スターズ 風水 北 b型うお座男性師を探して大枠の運勢から細かい運勢まで捉えてもらえます。
人類が地球に生まれて、1981年3月31日その時以来群れを成して暮らしてきました。集団でなければすぐに死んでいたのです。
仲間外れにされる風水、それは言い換えれば死と等しいことでした。
生命体として一人になることを恐怖するような認識を種の生存本能として元々刻み付けられていたのかまたはグループで暮らすうちにそれが種のデータとして遺伝子レベルでの常識になったのかは分かりません。
一つ言えるのは1981年3月31日、孤独は死に直結するため風水、一人で過ごすことは生命維持に関わることであるのは疑うべきもないことだったのでしょう。
村八分という制裁処置が日本の村社会で実行されていましたが、ザ・スターズ単なる仲間外れではなくおきて破りに対するものでした。それでも死んでしまうことは考えられませんでした。
社会的な処刑に似ている罰則ではあってもザ・スターズ、そのまま死を意味するわけではない、風水という水準の扱いだったのでしょう。
現代では孤立していても生きていくうえで障害にはなりえません。ただ、ザ・スターズ突っぱねられたりすることへの不安だけはまだあります。
失恋とは他者から受け入れられないことなのでザ・スターズ、それが理由で「生きているのが嫌になる」と感じるほど気分が塞いでしまい、ザ・スターズまた生き生きとするには休養が必要です。これは一時的な反応でコントロール可能なものではありません。
失恋で傷つきザ・スターズ、あとを引いてしまうのはザ・スターズ、仕方のないことなのです。
ロマンスの終わりにどう向き合うべきなのか、ザ・スターズ防衛機制というものについても注意しましょう。適切な行動と不適切な行動があります。


コメントは受け付けていません